2006年10月11日

本能との境界点

一昨日、チェーンが落ちた時の話です。

熊谷のコンビニで小休憩後、荒川CRに通ずる土手の小道を上り始めたのですが、
その途中でシフトチェンジに失敗してチェーンがインナー側に落ちました。

プチパニックになりながらもチェーンが外れたことはその瞬間から把握していたし、
ペダルを回しても無駄な状況だと頭の中では明白だったのに、本能ってすごいですね。
その時に体が反応した行動は超高速ケイデンスでペダルをクルクルですから。
わかっちゃいるのに止められないって感じでクルクル〜進むはずないのにクルクル〜

ズリッと下がる瞬間にようやくクリート外しが間に合って立ちゴケは免れましたが、
「やらなあかん事とやっている事が全く反対やんけ〜、俺は何やってんねん」と
本能との境界点を意識しながら必死にもがいた自分が居ましたよ(^^;
posted by きーじぇい | Comment(9) | TrackBack(0) | 自転車(雑記) |

この記事へのコメント
あの時ですね。
そんなことが後ろで起きているとは知らず・・・
(見られないで良かったですね(^^))
気付いたのは、かなり走った久下橋でした(爆
Posted by よっち at 2006年10月11日 12:54
あの時はゼロ加速に近い状態から上り始めたので、
アウターで耐え切れずにインナーにしようとしたらガッシャンと・・・

「よっちさ〜ん、rullyさ〜ん、かーんばぁーーっく!!」って叫んだのに、
声が届かなかったようです(^^;
Posted by きーじぇい at 2006年10月11日 12:58
読んでて笑ってしまいました(失礼)
僕もやったことがあります。現実を受け止たくない自分がいますね。
Posted by かず at 2006年10月11日 23:17
ほんの数秒間なのに色々なことが頭の中を駆巡っていきました。
冷静な自分と焦っている自分を客観的に見ている自分が居たような気がします。
Posted by きーじぇい at 2006年10月12日 08:54
そのまま行ってしまって大変失礼しました。
よっちさんが気づかなければ、あの日は再会できなかったかも。
Posted by rully at 2006年10月12日 13:57
どんどん小さくなるお二人の背中が印象に残ってます(^^;
Posted by きーじぇい at 2006年10月12日 17:33
>どんどん小さくなるお二人の背中が印象に残ってます(^^;

あ、共感したりして(^^;
Posted by やまぐち at 2006年10月13日 00:01
私も全く同じ事をしてしまいました。
事態に気付かず一生懸命漕いでいました。
トウクリップ外れずにこけました。
Posted by おじ at 2006年10月13日 00:45
>やまぐちさん
最後は涙で霞んで見えなくなったりして・・・

>おじさん
咄嗟の場合だとトウクリップは外れませんもんね。
なので、スポルティーフは緩めにしております。
Posted by きーじぇい at 2006年10月13日 01:25

コメントを書く
お名前:
※必須入力
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック