2015年01月13日

明るさ確保

blog_pic13033.jpg

経年によってボロくなってきた自転車を買い替えました。
・・・って、普段は自宅〜最寄駅で使うやつなので、とりあえず乗れたら良くて値段優先で決めた次第。

そんな安い自転車のためブロックダイナモでしたが、ゴロゴロ重いのは嫌いなので交換しときましょ。
標準ライトを外したところにCBAのハブ用ライトホルダーを取り付け(M5x20mmのボルト使用)、
「GENTOS 閃 355(SG-355B)」を装着して明るさを確保です。

blog_pic13034.jpg

実用第一でしたが、思ったよりスタイリッシュな通勤号になりましたw

こうなりゃ色々手を加えたくなってきたりしますが、安物買ってお金掛けたら意味無いですからね。
# 自分に言い聞かせておきましょう。

blog_pic13035.jpg

ちなみに、このライトの電池にはアマループ(Amazonベーシックのエネループ)を使っています。

パナ製より安くてお得感があり、使用時は見えないのになんとなくデザインが気に入って・・・w
# 製造元のFDKは本家エネループを作っていたところですから、性能面でも問題無しですわ。
posted by きーじぇい | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車(アイテム) |

この記事へのコメント
奇遇ですね。
私もつい先日、アマゾンで同じ「GENTOS 閃 355(SG-355B)」を購入しました。
以前、別機種のGENTOS閃を買ったときはホルダーが付いてなくて別に買ったのですが、
これは自転車にも使えるホルダーが付いているので便利ですね。


Posted by tomochan at 2015年01月18日 10:10
GENTOSも色々と自転車用の製品を出してきましたが、
値段や点灯時間を考えたらSG-355Bが選択肢に上がってきますよね。
スポット〜ワイドの切り替えも重宝しております。
Posted by きーじぇい at 2015年01月18日 15:20

コメントを書く
お名前:
※必須入力
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412239551

この記事へのトラックバック