2015年06月07日

梅雨入り前に高原牧場

blog_pic13454.jpg

梅雨入りが近づいて先を見据えた予定は立て難くなってきたが、
この日曜日は貴重な青空が広がるということで、「秩父高原牧場」に行って爽やかな気分を味わうか・・・

な〜んて思って、早起きしたらチャンピオンズリーグの決勝がやっていたので(知っていたけど)、
ついつい見入ってしまって、試合終了まで確認してから朝5時50分に出動。

東秩父村までやってきた際にちょいと気が変わり、
先に「定峰峠」を登ることにして、紫陽花の色付き具合なんかを確認しながら高度を上げていく。

blog_pic13455.jpg

緩くもなくキツくもないペースで・・・登坂にも関わらず、汗もほとんどかかないそんな気温であった。
で、峠の茶屋まで登ってきたら、8時半の時点ではまだシャッターが降りたままだったわ。

この後は一旦下り切ってから再び牧場まで登り返すようなストイックな行動を取るはずもなく、
数年振りの「秩父高原線」に入って進んでいく(15〜16%位のコンクリ坂が続く区間を忘れてた^^;)。

blog_pic13456.jpg

途中から牧道となり、長閑な雰囲気と共に空が開けて眺望が良くなってくる。

写真撮っていたら猟友会の人が話しかけてきて、ここ最近イノシシが数頭目撃されているそうだ。
但し、牧場周辺は猟禁止区域であるため、なかなか大変みたい。

blog_pic13457.jpg

この素敵な牧場風景の中に牛さんが居たらラッキーと期待していたらヘリポートの所で遭遇♪
カメラ向けても無反応であるが、内心はさっさと撮りやがれと思っていたに違いない。

ソフトクリームはスルー(だって、涼しくて食べたい気分にならなかったわ)して稜線ルートを進み、
「茱萸ノ木峠」から「上ノ貝戸線」を下って帰ることにした。

blog_pic13458.jpg

小川町〜嵐山町を通過しながら上唐子の交差点で時間を確認したら10時45分であり、早めの昼飯へ。
ってことで、月の輪エリアにある「會津野 茂三郎」で蕎麦を食べて行こう。

開店前だったが、強面(でも優しい)の店主が気付いてくれて一番乗りである。
掃出し窓が全て開けられていたため風通りが良く、そんな中でお品書きを見ながら色々と店主に伺った。

blog_pic13460.jpg

blog_pic13461.jpg

「もりそば(800円)」を選び、会話の中で出てきた「にしんの山椒漬(500円)」も合わせてお願いした。

細い蕎麦には普通のそば汁と辛みある大根の搾り汁(=高遠そば)の2種類が提供され、
違いが楽しめる(^^)
また、(現地では生で食べるそうだが)軽く炙られたニシンは会津地方の伝統的な保存食とのこと。
漬け込むための会津本郷焼のニシン鉢も見せて頂いたよ。

會津野 茂三郎
埼玉県比企郡滑川町大字月輪879-1 Tel 0493-62-0202
11:00〜20:00 月曜定休(祝日営業)

ご馳走様の後は家路を辿るだけだったが、意地悪な南風を相手にしながら13時半の帰宅でおしまい。

blog_pic13462.jpg

それにしても、梅雨入り前に絶好の天気を楽しめたわ。
恵みの雨は必要だけど、程々に降って出来れば週末は晴れてくれますように・・・w

-----
RNC7:135.5km
posted by きーじぇい | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車(サイクリング) |

この記事へのコメント
今日は本当に良い天気でしたね。
ピンクのお菓子の館「花園フォレスト」の駐車場にある「花園蕎麦」もなかなか良いですよ。盛りそば500円です。薬味・海苔など自分の好きなだけ使えます。

Posted by ぱるる at 2015年06月07日 23:29
花園そばの情報ありがとうございます。
ちょっと調べてみたら大根そばやつけ汁の選択とか良さげですね。
機会を伺っておきます。

これからは曇りや傘マークの予報が増えそうですが、
合間をぬって自転車活動楽しみたいですね。

Posted by きーじぇい at 2015年06月08日 08:34

コメントを書く
お名前:
※必須入力
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック