2015年06月13日

脱力系

blog_pic13464.jpg

梅雨入りして最初の週末は太陽が存在感を示して気温も上昇するようだ。
朝6時に漕ぎ出した時点からそれなりにまとわりつくような空気があるものの、青空に感謝である。

早めに帰ってくるつもりなので越生方面に向かい、「笹郷線」を選んでトロトロなペースで登っていく。
身体が重く感じるのはこの時期特有の湿気が邪魔しているのだと思っておこう。

で、「顔振峠」でターンし・・・
いや、GLから見え隠れする塔が長年気になっていた「寿光殿(摩利支天)」に立ち寄ってみよう。

blog_pic13465.jpg

シューズがSPD-SLだったけど茶屋脇から通ずる登山道を少し歩き、
なるほど神の使いである狛猪が建立されているのね。

# ちなみに、四面二重塔の内装には珍しい古切手のモザイク画が奉納されているそうだ。

blog_pic13466.jpg

その後は「風影線」で吾野側に下って「借宿神社」の狛犬にご挨拶。
マニアには良く知られているが、いかにも脱力系といった感じでニンマリしてしまうわ。

とりあえず、R299で帰りましょ。

blog_pic13467.jpg

寄り道ついでに東吾野の「吾那神社」でも自転車を停めたが、
こちらの狛犬も独特の雰囲気があるね(何かに似ているんだけど思い出せない^^;)。

やっぱり、このままR299を辿るのはやめて「東峠(長尾坂・野口入線)」をのんびり越えていく。

blog_pic13468.jpg

飯能市街地に入る前にふと脱力系の狛犬があったことを思い出して、中山陸橋近くの「加治神社」へ。
そう、こちらの狛犬は笑っていたりなんかしてw

迫力ある狛犬とは対極だね。
笑い声が聞こえてきそうな感じがするし、この表情を見ているだけで楽しくなってくるわwww

blog_pic13469.jpg

blog_pic13471.jpg

この後は「宮沢湖」の坂を越えて小江戸方面に向かいつつ、なんとなく冷たいうどんか蕎麦の気分。
てなわけで、「地野菜と手打ちそば・うどんの店 燙菜 (たっさい)」に寄り、テラス席を選択なり。

メニューを見ながら地野菜のプレートセットも魅力的だったが、「梅しそおろし(950円)」にしよう。

地野菜と手打ちそば・うどんの店 燙菜
埼玉県川越市吉田1073 Tel 049-234-8028
11:30〜14:30 17:30〜21:00 火曜、月曜夜定休

さっぱり感のある風味だけでなく温泉玉子も隠れていたりしてり、色んな味わいが楽しめたよっと(^^)

川越市内を通過しながら帰る途中、「カニヤ」さんで前日購入したアイウェアを微調整手して頂き、
烏頭坂近くにある「仙波愛宕神社」にもちょいと変わった狛犬があるので寄っていこう。

blog_pic13472.jpg

こちらの神社は古墳の上に社殿が建っているのだが、その階段脇の狛犬がなんというか・・・
これも脱力系のひとつってことで紹介させて頂いたが、
顔も目玉も丸くて特徴的だし、動物系というよりはもっと違う世界の生き物に見えるのは私だけ?w

そんなこんなで、13時帰宅で自転車活動はおしまい。

-----
RNC7:115.5q
posted by きーじぇい | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車(サイクリング) |

この記事へのコメント
脱力系の狛犬って
今まであまり意識してなかったけど
いろいろあるんですね
これからは
気を付けて見るようにしよっと

いつも写真が綺麗なので見入ってしまいます
Posted by 田舎うどん at 2015年06月15日 00:24
今回は個人的に面白いと思ったやつをピックアップしてみましたが、
迫力ある狛犬や造形美が素晴らしいものなどに出会うのも楽しみにしています。

神社それぞれに特徴がありますね。
Posted by きーじぇい at 2015年06月15日 21:16

コメントを書く
お名前:
※必須入力
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック