2016年11月12日

錦秋の上野村へ

blog_pic13675901.jpg

早起きした際に路面が濡れているのを確認し、二度寝・・・いや、絶好の旅情派日和でそれは勿体ない。
とりあえず、クルマに積んで出動して紅葉が見頃になっているであろう上野村を行先に定めた。

順調に流れて「道の駅 万葉の里」に到着し、本日は此処からスタート。
山間部であっても予報通りに気温は高くてありがたや。

ミニベロだとついつい立ち止まってしまうのでクロモリ積んできたけど、一緒だったわw
まぁ、それだけ素敵な風景が目に飛び込んできたってことで、以下にそんな写真をばら撒いておく。

blog_pic13675902.jpg

blog_pic13675903.jpg

blog_pic13675904.jpg

上記3枚は神流町エリアにて。

時間帯によって陽光の当たり具合が変わるため出会える景色は一期一会。
澄んだ空気の中、とにかく天気に恵まれて青空と木々のパッチワークに心踊らされたり。

blog_pic13675905.jpg

blog_pic13675906.jpg

上野村に入れば旧道を選んでのんびり。
というか、紅葉を楽しむなら旧道のほうが良いからね(^^)

それにしても、旅情派センサーがピクピク反応しまくって全く進まんw

blog_pic13675907.jpg

「乙母(おとも)」地区を経由して「乙父(おっち)」地区の旧道に入ると、
谷沿いに枝を広げたモミジが連なる場所(上の写真やTOP写真の「乙父のもみじ休憩所」)がある。

ちなみにスポットライトが数基設置されていたので、夜には幻想的な演出もされるのだろう。

blog_pic13675908.jpg

んで、「ぶどう峠」や「十石峠」を目指すなら前日からそのつもりでしっかり準備していたわけで、
急遽来たもんだから適当な所で折り返し。

尚、「峠のうどん 藤屋」が変わらず営業していることに安心したわw
ちなみに、その横(「やまびこ荘」の向い)に赤い欄干の「出会橋」があり、此処も夜は照らされるらしい。

blog_pic13675909.jpg

blog_pic13675911.jpg

デポ地に戻る途中、お昼を食べていこうと「道の駅 上野」の向いにある「福寿庵本店」に寄ってみた。

お品書きから椎茸や舞茸好きには嬉しい「十石そば(温950円)」を注文してみたが、
鮮やかな紅葉を楽しんできた後では地味に思える見た目だw

まぁ、それはさておき、味わいのほうは期待通りにキノコの風味をたっぷり楽しめたわ♪

十石そば 福寿庵本店
群馬県多野郡上野村勝山1095 Tel 0274-59-2267
11:00〜15:00(冬季は11:00〜14:00) 水曜定休

この後は素直にデポ地まで帰ってきておしまい。

blog_pic13675912.jpg

赤色に目を奪われがちだけど、最後は輝く黄色も載せておこう。
帰路も渋滞することなく、リフレッシュするには最適な非日常の贅沢さが味わえた一日であった。

-----
RNC7:52.7q
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(サイクリング) |

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:
※必須入力
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443871131

この記事へのトラックバック