2016年11月13日

彩り求めて日原

blog_pic13675913.jpg

昨日同様、本日も素敵な気候になるということで秋色の彩りを求めて日原方面に走りに行こう。
紅葉の時期や新緑の時期が訪れると特に惹かれるそんなエリアなのである。

ってことで、早めに起きたけど・・・
家を出る前に気になる事をやり始めたらそれなりに時間が掛かり、8時前のスタートとなってしまった。
まぁ、今日は自由な時間が取れるし、気ままなペースで楽しめたらそれで良し。

途中、「御嶽駅」を通過した際にはハイキングや登山を楽しむ方々で大変賑わっており、
立ち寄った「奥多摩駅」でも同じく大勢の姿があり、青空の下で行程を満喫されたことだろう。

こちらは予定通りに「日原街道」に入り、鮮やかな衣装をまとった山々に包まれながら進んでいく。

blog_pic13675914.jpg

たまたま立ち止まった時につぶらな瞳のカモシカさんと出会ったり(^^)

って、この時はガサガサッと落ち葉を踏む音が聞こえてその方向に目を向けたら獣の黒いお尻があり、
一瞬熊が出たと焦ってしまったわ(マジでビビったw)。

ちなみに、奥多摩に生息するカモシカの体色は他の地域に比べて黒色をしているそうな。
たしかにイメージ的には灰色や茶色かな。

blog_pic13675915.jpg

「日原トンネル」を通過した先では象徴的な存在である「稲村岩」とご対面。

山全体が石灰石の岩山となっていて山頂には「稲村神社」が祀られているとのこと。
# 気になったのでネットで確認してみたが、気軽に登れるような場所では無いことはわかった(^^;

blog_pic13675916.jpg

んでもって、「日原鍾乳洞」の手前(↑の場所)で一枚撮るのはお約束だ。
例年、11月第1週に来ることが多かったが、今年の紅葉は遅めということで本日やってきた次第。

標高800〜600m付近まで色付きが広がってきており、見頃のタイミングだったと言えよう。

blog_pic13675917.jpg

赤!黄!緑!の輝く三色!!
各々の色が存在を主張しながらその結果お互いを際立たせている。

終点の「日原鍾乳洞」まで行って折り返したが、復路は逆光になってまた違う印象に目が喜んだり。

blog_pic13675918.jpg

「日原トンネル」も良い感じに染まっていたが、
内部(帰りの場合)は1qちょっとの下りが続いて結構スピードが出るので好きじゃないw

青梅街道まで戻ってきた時には昼飯を意識する時間になっていたものの、
奥多摩駅周辺は当然混んでいるし、鳩ノ巣もやっぱりそうだし、古里の蕎麦屋さんも想像通りだし・・・

blog_pic13675919.jpg

blog_pic13675921.jpg

結局、「軍畑大橋」のすぐ近く(でも、奥まっている場所)にある「そば処いけだ」を思い出して寄ってみた。
人当たりの良いご夫婦が営まれているお店である。

お品書きは至ってシンプルであり、「挽きぐるみせいろそば(天付1,050円)」を注文なり。

そば処いけだ
東京都青梅市柚木町2-546-21 Tel不明
11:30〜売り切れ次第 水、木曜定休

星が散りばめられた細切りの蕎麦は見るからに繊細だが、
まずは添えられた塩を一つまみして味わえば凛とした旨さを感じられる。
つゆに付けても上品さは損なわれず、野菜天と交互に頂きながらご馳走様までひと時を楽しんだ(^^)

こちらのお店では、会計時のオマケのお菓子やチョコレートをくれたりなんして(今回はコレ)。
追い風基調の恩恵を受けながらクルクル回して家路を辿り、15時前の帰宅で自転車活動はおしまい。

-----
Tarmac:119.7q
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(サイクリング) |

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:
※必須入力
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック