2016年11月20日

旅情派な時間(その2)

blog_pic13675942.jpg

そんなわけで、前の記事からの続きで「贄川宿」にやってきた。
冬の足音が聞こえてもおかしくない時期なのに、冷たい風は無く穏やかな気候に暦を忘れてしまいそう。

なんてことを思いながら、此処では毎年11月に開催される「秋の縁側展」を楽しみにしていたが、
知名度が上がる共に訪れる人が多くなって高齢化が進む集落では対応することが困難となったらしい。

そして、2年前に中止となってしまったが、その代わりに案山子の宿場町として変わったのである。

blog_pic13675943.jpg

「贄川宿」の入口には「かかしの里」のプレートを掲げたお姉さんの姿あり。
ここから先の嘗ての秩父往還では一軒毎に地元民と化した案山子たちと出会うことが出来るのだ。

そんな中から数枚撮らせてもらった写真を掲載しておこう。

blog_pic13675944.jpg

尚、生活感のあるリアルな案山子と言えば、酷道ヨサク(国道439号)にある名頃集落が有名だね。

で、「贄川宿」の案山子もそれと良く似ており、遠目からだったり後ろからだと人との見分けが付かない。
ていうか、逆に案山子と思って写真を撮ろうと近付いたら日向ぼっこしているお婆さんだったりw

blog_pic13675945.jpg

日常の一コマであり、作業中のひと休みだろうか?
傍らにお茶やお饅頭とかあっても何も不思議じゃない。

blog_pic13675946.jpg

自転車乗りとしては嬉しいw
優しい表情もさることながら、全体的に上手に作っているなぁと感心させられたわ。

blog_pic13675947.jpg

え〜っと、↑のやつには何人か写っているけど、全て案山子たち。
こんな感じで集落のあちらこちらで観ることが出来て微笑ましくなる。

blog_pic13675948.jpg

良い雰囲気のご夫婦で長年付き添った感じが漂っている。
地元の人が作っているからこそ、生活ぶりが伺えるし、どの案山子にも温かみがあるね。

blog_pic13675949.jpg

これも案山子!!(念のためw)

まだまだ色んな案山子があったので、興味を持った方は是非とも足を運んで下さいなっと。
きっと今後も増えていくだろうし、私もまた和ませてもらおう(^^)

この後はr37で両神経由で小鹿野の町を通過し、11時半頃ということもあってランチタイムにしよう。
というわけで、「そば処 元六」というお店に入ってみる(何度も前を通過しているが、お初なり)。

blog_pic13675950.jpg

blog_pic13675953.jpg

わらじカツ丼があるならそれにしようかと思って入ったけど、
お品書きを見て鹿肉の味噌漬けを食べさせてくれる「元鹿丼(1,200円)」に決定♪
# ちなみに、他のお店(マップはこちら)でも鹿肉の味噌漬けを扱った丼を食べることが出来るのね。

そば処 元六
埼玉県秩父郡小鹿野町下小鹿野824 Tel 0494-75-0456
11:00〜16:00 17:00〜21:00 火曜定休(祝日の場合は翌日振替休業)

程なくして着丼すると、味噌漬け鹿焼き3枚と味噌漬け鹿カツ1枚(4切れ)が乗っていた。
確かにジビエらしいクセはあるけど、元々鹿肉は嫌いじゃないし、これはこれでアリだよ(^^)

blog_pic13675954.jpg

再び秩父市街地に戻ってきて丸いハンドルに握り替え、15時帰宅で本日の旅情派活動はおしまい。
朝の濃霧から一転、ポカポカな陽気と青空のおかげで満足な日曜日になったわ。

最近デポが多いような気もするが、楽しめたらそれで良しw

-----
F-20R:49.8q
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(サイクリング) |

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:
※必須入力
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック