2017年01月15日

寒くてちょろ輪

blog_pic13676070.jpg

今季最強の寒波が押し寄せてきて厳しい氷点下の朝となり、そんな中を走り出す気力は無く二度寝。
そして、ベッドから抜け出した後も気温は低く、こんな日にわざわざ自転車に乗らなくても良いや・・・

・・・って思いたかったが、昨日は仕事だったし、なんか気分転換したかったし。
ならば、クルマでドライブという手段もあったのに、それだと負けた気分になりそうだったしw

まぁ、寒々しい雪雲とかだったら自転車は無かったけど、青空というのが良かったのか悪かったのか。

blog_pic13676071.jpg

寒い中、覚悟して走ってきたので許して下さい。

入間の茶畑通りを通過しながら青梅にやってきた時には正午前となり、今日はここで折り返し。
ちなみに、行きも帰りもサイクリストの姿はほとんど見掛けなかったわ。

映画看板通りにある「住吉神社」に寄り道してみたが、
石段前の祠ではマタタビを持った猫神(阿於目猫祖神)が祀られているので一枚。
# こちらでは他にも「猫恵比寿」と「猫大黒」が祀られていたりするね。

blog_pic13676075.jpg

帰路では岩蔵街道から青梅街道を辿り、武蔵村山市の大曲交差点を通過した先でうどん屋さんに入店。

肉汁うどんの幟に誘われたのだが、何度も通っている道なのに今まで気付かなかったわ。
「田舎屋」というこじんまりとしたお店で、クルマ通りではなく脇道をちょっと入ったところにある。

blog_pic13676076.jpg

貼り紙のお品書きを見て「肉汁ざるうどん(並盛500円)」をお願いしたが、
お会計時に取った数をセルフ申告する「天ぷら(1個50円)」や「ゆでまんじゅう(1個100円)」もあり。

というわけで、ゴボウ天とゆでまんじゅうを皿に取り、
程なくして少し褐色がかったうどんとバラ肉が浮いたシンプルなつゆ、そして糧がお盆に乗って登場した。

麺は硬すぎず柔らかすぎず、地元に根付いてきた武蔵野うどんといった感じだろうか(^^)

田舎屋
東京都武蔵村山市中藤4-39-5 Tel 042-564-4428
11:00〜15:00 水、木曜定休

blog_pic13676073.jpg

お店を出て停めていた自転車のカギを外している時に小窓から店主が顔を出して、
焼き団子をサービスしてくれた♪
私以外は常連さんばかりだったが、ご夫婦で切り盛りされていてなんか良い感じのお店だったな。

その後は志木街道経由のルートを選んだりしながら帰って自転車活動はおしまい。

blog_pic13676077.jpg

寒い日が続くけど、皆さん風邪ひかないようにね。

-----
F-20R:73.6q
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(サイクリング) |

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:
※必須入力
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック