2017年04月02日

ちょろっと寺院巡り

blog_pic136761914.jpg

昨日は休出していたこともあり、この日曜日は疲れを回復させるためにも休息にあてるべきだ。
いや、せっかく起きたんだし、晴れているんだから桜を楽しむべきだ・・・なんて、ベッドの中で二択の朝。

以前なら時間が少しでも取れたら走っていたが、歳を重ねてそんな気力や体力は薄れてしまった。
そして、向上心のカケラも無いため走力に関しても落ちる一方だ。
ただ、季節を感じたいという気持ちだけは存在しているので、それだけは失いたくないな。

尚、人間である以上は心臓が動力源となるわけだが、
もうひとつ自分はソーラー電池が備わっているハイブリッド仕様じゃないかと時々思うことがある。
というのも、晴れていないと身体が活発に動き出すまでに時間を要するのだw

な〜んてしょうもないことを書きながら、太陽のパワーを身と心に蓄積して走り出した。

blog_pic136761907.jpg

今年の春は気まぐれというか気温の低い日が多く、例年なら見頃になっている桜も遅れている。
それに伴って、行きたい場所も迷うこととなり、なんだかどうでも良くなってきたわw

なので、サイクリストにはマイナー気味な場所にしてみるか・・・ってことで所沢方面に向かい、
三ヶ島にある「常楽院薬王寺」のしだれ桜で一枚。

blog_pic136761908.jpg

blog_pic136761909.jpg

続いて、樹齢150年の立派なしだれ桜がある「金仙寺」にやってきたら、こちらも見頃を迎えていた。
ちょうど桜まつりの開催日と重なって、いつもより賑やかな雰囲気であったわ。

で、そのまま「比良の丘」に登って咲き揃ってきたピンクの桜たちにご挨拶。
朝の時間帯は雲の割合が多くてすっきりした青空ではなかったが、晴れてくれだけで良しとしよう。

blog_pic136761910.jpg

blog_pic136761911.jpg

「比良の丘」で折り返して帰還モードに切り替えたが、帰宅の想定時間には寄り道も含まれている。

というわけで、「全徳寺」でも満開のしだれ桜を観ていく。
蝋梅の寺として知られているが、この桜もなかなかのものだし、表情豊かな十六羅漢像もあったりする。

blog_pic136761912.jpg

元町交差点付近の「新光寺」のしだれ桜も満開。
ちなみに、奥に見えるのは八角形の観音堂(八角円堂)である。

境内にあるソメイヨシノも5分咲きくらいになっていたので、数日後には並んで咲く姿が観れるだろう。

blog_pic136761913.jpg

「新光寺」すぐ近くの「所澤神明社」の前を通ったら咲き始めた桜が見えたので寄っていこう。

こちらも数日後には素敵な雰囲気になるだろうし、清楚なシャクナゲも咲き始めていた。
ちょうど二匹のニャンコ(TOP写真)も戯れていたが、再訪したらまた会えるかな。

blog_pic136761915.jpg

フォロワーさんのツイートで志木の「宝幢寺」の様子がアップされていたので、
先週(ひとつ前の記事)訪れていたけど、時間は大丈夫だし、やっぱり満開を観たくて更に回り道。

先に見頃になった背の高いしだれ桜と入れ替わるように、
石仏に被さるように咲く参道側のやつは今がまさに最盛期といった感じであった。

blog_pic136761916.jpg

blog_pic136761917.jpg

この後は新河岸川CRを辿りながら戻ってきて・・・
cafe RU RI」を覗いたら定番の席が空いていたのでランチを頂いていくことにした。
# 程なくして次々とお客さんがやってきて満席になったのでタイミング良し。

cafe RU RI(カフェ ルーリー)
埼玉県ふじみ野市亀久保3-3-28 Tel 049-293-4439
11:00〜18:30 月、火曜定休

「ブンティットヌン+ランチセット+ベトナムコーヒー(1,350円)」をお願いして美味しい時間なり〜♪

blog_pic136761918.jpg

この時はヒヨドリが餌を啄んでいたが、カフェの庭には色んな野鳥が飛んできてずっと眺めていたくなる。

帰宅後の午後はクルマを洗ったり録画の映画を観たりして、それはそれで有意義な過ごし方であった。
明日からは暖かくなりそうなので桜ラッシュだろうな。

-----
F-20R:61.2q
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(サイクリング) |

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:
※必須入力
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448665461

この記事へのトラックバック