2017年04月13日

桜日和(前編)

blog_pic136761939.jpg

仕事が休み易い状況と良さげな天気が重なり、この日に振替休日というジョーカーを使うことにした。
都心や埼玉県南などは散り出しているが、県北から少し飛び出れば桜日和の時間を楽しめるだろう。

というわけで、のんびり散輪モードが目的なのでミニベロを車に積み込みんで朝6時過ぎに家を出た。

選んだエリアは神流町辺り。
この地を訪れる時は桜シーズンを外しているので・・・というのが、思い立った理由である。
# 少しでも早く着くために関越道を使用し、「道の駅 万葉の里」に到着したのは8時半頃だったか。

blog_pic136761940.jpg

blog_pic136761941.jpg

まずは、すぐ近くにある「龍松寺」のしだれ桜を観るべく、
r462からr46へ分岐する橋からヒルクライム的要素のある坂道を1.5kmほど登ってやってきた。

樹齢350年だそうな。
美しいシルエットで際立った存在感があり、青空と絶好の咲き具合に思わず笑みがこぼれたわ。

blog_pic136761942.jpg

「龍松寺」横の坂道をもう少し登れば「百日紅園」があるので、ちょっと寄ってみたら当たりの景色あり。

夏場に咲くサルスベリも観てみたいと思いつつ未だ叶っていないが、
この時期は山間の中でソメイヨシノと菜の花のコラボが素敵な雰囲気を作り出していた。

blog_pic136761943.jpg

blog_pic136761944.jpg

R462に戻って西に進むが、以前から「お諏訪様の桜」の案内板も気になっていたのでまた脇道へ。
ここでも1.6km登ることになったけど、思った以上に結構な勾配がずっと続いて汗ばんだw

赤い鳥居の上では大きな枝が広がり、集落を見守っているかのようだった。

blog_pic136761945.jpg

この後は再びR462を進んで上野村まで行ってみることにしたが、
無駄な写真&内容の無いレポートで長くなってしまうので、一旦ここで切って【後編】に続く。
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車(サイクリング) |

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:
※必須入力
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック