2018年09月23日

横浜のズー(後編)

blog_pic01070.jpg

前編からの続きってことで、ルートに準じて動物たちを見て回る。
それにしても、家族連れや一人カメラマンが多かったなぁ(園内は色々工夫されていて人気があるのはわかる気がしたけど)。

blog_pic01067.jpg

アマゾンの密林に入ってきてまずはヤブイヌ。
うちの短足ワンコに通じるものがあって、なんか惹かれるフォルムなんだよ、こいつは。

blog_pic01068.jpg

オセロットにも出会えて嬉しかったり。
国内では最後の一頭であるが、24歳の高齢にも関わらず麗しき美人さんだね。

blog_pic01069.jpg

こちらは、ハイイロウーリーモンキー。
囚われた兵士か。

blog_pic01071.jpg

アフリカの熱帯雨林エリアにやってきて、大人気のオカピにカメラを向けて一枚二枚。
シマウマの仲間じゃなくてキリン科に属する原種の珍獣。

ちなみに、TOP写真の載せたのはすぐ目の前で葉っぱを食べるオカピね。

blog_pic01072.jpg

もののけ姫の乙事主(おっことぬし)を思い出したわ。
そんなイメージを抱かせたのはアカカワイノシシ(尚、子供の時はウリ坊らしい)。

blog_pic01073.jpg

何を考えているのかチンパンジー。
向こうからしたら入れ替わりやってくる人間はどう見えるのだろう。

blog_pic01074.jpg

ヒガシクロサイ。
空が開けたサバンナエリアで寝ていても存在感あり。

blog_pic01075.jpg

blog_pic01076.jpg

チーターとキリンのコラボ(1枚目も右下にチーターの顔あり)。

この草原にはグラントシマウマやエランドなんかも居るけど、チーターと混合展示していて興味深い。
というのも、チーターは自分より大きい動物は襲わないそうで、それでいて適度な緊張感を与えるためにこうしているらしい。

blog_pic01077.jpg

blog_pic01082.jpg

広々としたこういう環境で眺めるといい感じ。
そういや、最近サファリパークに行ってないなあ・・・

blog_pic01078.jpg

blog_pic01079.jpg

ライオンはオスもメスもお休み中。
まぁ、どこの動物園行ってもお決まりの姿だったりするわな。

blog_pic01080.jpg

blog_pic01081.jpg

ハイエナじゃないよ、リカオン。
学名は「色を塗ったオオカミ」ということで赤や黒や白などのまだら模様が特徴となっているハンター。

なんだかんだで13時過ぎまで滞在してしまったけど、見応えがあったわ。
14時から始まるバードショーを観覧したい気もありつつ、とりあえず今回は充分楽しんだので帰ることにした。

そうそう来れる場所じゃないが、此処でしか観れない動物も居るのでまた訪れたい。
posted by きーじぇい | Comment(0) | 動物&鳥&昆虫関連 |

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:
※必須入力
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: