2012年11月23日

モービル機

blog_pic9041.jpg

長年使ってきたICOMの「IC-207」です。

本体と操作パネルがセパレートになる144/430MHzデュオ(出力20W)のコンパクトなモービル機で、
ビッグホーン、チェロキー、前のステップワゴンと3台のクルマで愛用してきましたが、
今後は利用することも滅多にないだろうと新車には搭載せず・・・

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2012年11月18日

ホップ、ステップ、ステップ!

blog_pic9039.jpg

本日、新しいクルマが納車されました。
当初は年明けに7年目の車検を通すつもりでしたが、色々考えてこの機会に乗り換えです。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(6) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2009年03月14日

ETC導入

遅まきながら我が家もETC導入です。
はい、休日1000円のサービスと助成金制度につられましたよ。

今までは遠い所のヒルクライムレースは交通費がネックだったのですが、
浮いた分を宿代に回せたりできるのは助かります。
# 一番のメリットは帰省費用が軽減されることにありますが・・・ただ、渋滞しそうですね。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2008年10月01日

原点回帰

blog_pic3838.jpgblog_pic3837.jpg
blog_pic3836.jpgblog_pic3835.jpg

クロカン四駆を手放したためにダート林道はすっかり遠退いてしまいましたが、
なんだか急に過去の記事を読み返したくなる時があるので自分の為にまとめておきます。
(以前、追憶シリーズとしてHPからブログに転載していた記事です。)

ってことで、[続きを読む]には旅情派と呼ばれる原点があります。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(8) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2007年09月11日

旅情派と裏紳士

開かず状態になっていた段ボールの中から、かなり前の懐かしいステッカーが出てきました。

blog_pic1304.jpg

四駆車を趣味としていた頃、洒落で20枚ほど作って林道仲間に配布したものですが、
2枚だけ手元に残っていたのをすっかり忘れてました。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(16) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2007年03月26日

ツーリングマップル2007

ツーリングマップルの2007年度版が発売されていますね。

ダート林道が載っている貴重な地図として、
旅情派林道屋の四駆乗り時代に活用してきたので愛着がある地図でした。
(2003年版まで毎年購入しておりましたが、その後はナビ任せ・・・)

で、今回も「あぁ新版が発売されたんだなぁ」って程度に思っていたのですが、
なんとリング版が復活しているではないですか!!

たしか2000年版あたりで現在の製本に変わったと思うのですが、
該当ページを開いたままクルマの助手席に置いておけるリング版が好きでした。

今回は通常版とリング版が併売(サイズ、価格に違いあり)されるみたいです。

ツーリングマップル(A5判 価格1680円)
ツーリングマップルR(B5変型 価格2835円)

ナビはナビで良いんですが、やっぱりこういった地図を片手に放浪したくなるんですよねぇ。
posted by きーじぇい | Comment(4) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2007年03月14日

林道探訪 追憶編28

■芝桜の丘と名栗の林道(2005.04.16)

◆羊山公園「芝桜の丘」
電車の吊り広告を見て羊山公園の「芝桜の丘」を訪れるにした。
満開ともなれば鮮やかな模様が浮かび上がることで人気のあるスポットだ。

今年は4月後半に見頃を迎えるらしいが、周辺のR299やR140は大渋滞になるため、
7分咲き程度の今なら早く行けば混雑は少ないだろうと判断してこの日を選択である。

尚、芝桜が楽しめる期間の土日祝は羊山公園内の駐車場が利用不可になる。  
従って、近隣駐車場の停める場所を確保するために早めに家を出る・・・予定であった。
AM5:00に目覚まし時計が鳴ったのは覚えているが、何故か次に起きたのはAM:6:20・・・

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(7) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2007年03月02日

林道探訪 追憶編27

■雨と紅葉と林道(2004.10.30)

◆道の駅 大滝温泉
今年は少々遅れ気味であるが、秩父周辺にも紅葉の彩りが広がりはじめ、
最近の朝晩の冷え込みによって色の深みが増すことが期待された。

天気予報では午後から雨となっていたが、一週間ずらすと見頃は過ぎてしまうかもしれない。 
とにかく、早朝5時半に家を出て「道の駅 大滝温泉」を目指す。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2007年02月22日

林道探訪 追憶編26

■夏の茂来山方面(2004.08.08)

◆夏休み初日
サッカーアジア杯優勝で盛り上がったその翌日、早起きして5時15分にエンジンキーを回し、
R254〜R462〜R299と繋いで集合場所である「道の駅 上野」に向かう。

ちなみに、本日から夏休み。
家族のみ帰省することになったので単身の初っ端の日に林道にお出かけなのだ。

途中、給油とコンビニでの物資補給を経てちょうど2.5時間で到着し、
前泊していたHさんと雑談しながらTさんを待つ。今回はトリコロール色の3台となる。

重く曇りがちだった空も陽が上るにつれてすっきりとした青色の世界が広がっていた。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2007年02月02日

林道探訪 追憶編25

■午後の奥多摩(2004.06.19)

◆奥多摩方面へ
本日は幼稚園の参観日。運動場で親子体操を楽しんだが、朝から陽射しが厳しくて参った。
帰宅後ひと一息つくものの、暑さが篭った家の中に居るだけで疲れが溜まっていきそうだ。

振り返れば、2ヶ月ほど林道から遠ざかっている。
そして、季節は梅雨に突入。
ここしばらくは長雨も中休みとなっているが、木々にとっては日毎に緑の濃さが増す時期である。

そんなことを考えているうちに、避暑を兼ねて何処かに出かけたくなった。
お昼時であったが、家族からも賛成の返事を得て奥多摩方面を目指すことにした。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2007年01月18日

林道探訪 追憶編24

■陽春に誘われて(2004.04.03)

◆名栗方面へ
四月最初の土曜日はとても素晴らしい朝だった。
窓を開けると早朝特有の輝きと共に春の匂いが部屋の中に入ってくる。

子供たちとは遊具施設のある公園に行く約束をしていたが、
せっかく恵まれた天気に早起きしたので、午前中は一緒に林道まで足を伸ばすことにした。

目指すのは林道大名栗線。我が家から1時間程で到着できる山岳系の林道だ。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(6) | TrackBack(1) | クルマ関連 |

2006年12月12日

林道探訪 追憶編23

■春の雪景色(2004.03.21)

◆春分の日
一昨年、昨年に続き、今年も3/21に奥多摩〜大菩薩方面に出かけることになった。

本格的な春が近いと思わせる陽気が続き、
このまま身も心も軽やかになれると思っていると再び冷え込む日が繰り返されたりする。
おかげで厚手の服はまだまだ片付けることはできない。

そんな折、仕事もひと段落して上手い具合に時間が空いたので林道ツーリングを企てた。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年12月06日

林道探訪 追憶編22

■秩父界隈の林道群(2003.11.23 & 30)

◆林道シーズンオフの前に
今年のカレンダーの役目もあと少し。
朝晩の冷え込みも大きくなり、冬支度に備えなければならない時期である。

23日の朝、空が明るくなり始めた頃に秩父方面に向けて家を出た。
もう暫くすれば山々はゆきんこたちの遊び場となるが、
土の路面が恋しくなる前に完抜ルートを色々繋ぎながら走り抜けたいと考えたのである。
まずは下見として、ソロで出かけてみた。

# 尚、今回のレポは23日と30日の両日に楽しんできた様子をまとめて記述。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年11月24日

林道探訪 追憶編21

■紅葉の探訪(2003.11.02)

◆中津峡
そういえば、去年の同じ日には奥多摩方面の紅葉を楽しんでいたが、
今年は中津峡を辿って界隈の林道を目指すことにした。

渓谷沿いの道は言わずと知れた紅葉の景勝地であり、旅情派には絶好の場所である。
各地から紅葉前線の便りが届く中、乗り遅れてはならない。

朝7:00過ぎには正丸峠を走っていたが、いつものように快適なペースではなく、
見通しの効く場所ではずっと前方まで車のつながる様子が伺えた。
さすがにモミジ狩りのシーズンである。ましてや、本日の天気は最高だ。
途中の「道の駅 大滝温泉」もいつになく駐車スペースに困るぐらいだった。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年11月22日

林道探訪 追憶編20

■豆腐を求めて(2003.10.12)

◆雨のち晴れ
朝7:00頃、目が覚めてみると家の外からは緩やかな感覚の雨音が聞えてくる。
昨晩からの雨がまだ降り続いていた。
本日は特に決まった用事もなく、二度寝を決め込んでまた布団を被る。
次に起きたのは10時過ぎであっただろうか。

お昼、ふと思い出して気になる店のチェックを始める。
それらの情報を頭の中にインプットしていた頃、窓から差し込む光が急に明るくなった。
いつしか雨も上がり、空には青空が広がり始めたのである。

その空を見て無性に出かけたくなり、
インプットした店の中から都幾川村の「とうふ工房わたなべ」を目指すことにした。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年11月17日

林道探訪 追憶編19

■東秩父方面(2003.07.27)

◆軽めのツーリング
前日までは曇り予報だったため期待せずに朝を迎えたが、
ありがたいことに太陽の輝きが眩しい。
これも神通力のなせる技かと自己満足に浸りながら、ジワリとアクセルを踏み込む。

いつもと違って今回は子供たちも車に乗り込んでおり、
夏休みのラジオ体操で早起きしたせいもあるのかテンションが高い。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(4) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年11月11日

林道探訪 追憶編18

■利根村方面(2003.07.05)

◆梅雨の中休み
ここ数日間、街中に傘の花が開いていた。
そんな折、未踏の地である利根村方面の林道にお誘いを受けたので即反応。

当日の朝は嵐山PA(関越道)でまず5台が揃い、関越道のスムーズな流れに乗って北進。
フロントガラスの向こうには白い雲が描かれた青空のキャンバスが広がっていた。

幸いなことに梅雨の中休みとなり、雨をつかさどる神様の気まぐれに感謝だ。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年11月10日

林道探訪 追憶編17

■名栗村方面(2003.06.08)

◆梅雨入り、それとも入梅か
四季の間にある小さな季節がこれから訪れようとしている。そう、「梅雨」である。

6月のカレンダーをめくった頃から、「梅雨入り宣言」の声が繰返して聞こえてくる。
ところで、「つゆいり」という字を漢字変換させると「梅雨入り」の他に「入梅」とも表示される。
なんだかこちらの漢字だと風情を感じるのは私だけであろうか。

天気用語には様々な表現があるが、一つ一つにはなるほどと思わせる意味があり、
古来からの日常生活に深く関与していたことが想像される。
こういう林道レポを書くにあたっても、大いに参考になるのでいずれ勉強したい。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年11月05日

林道探訪 追憶編16

■春の遠足リベンジ(2003.05.24)

◆リベンジ
忘れもしない4月5日。雨の中、集合場所に向かう正丸トンネルを過ぎると吹雪であった。
集まったメンバーと林道を目指すも途中で断念・・・

そして、本日。再び同じ場所に向かって走っている。
リベンジを果たしたい気持ちは仲間も同じなのか、今回も反応してくれた。
少し遅れ気味の1台は追走してくるとのことで、朝8:30頃に「道の駅 大滝温泉」を出発。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年11月02日

林道探訪 追憶編15

■新緑の日(2003.04.29)

◆出発
今年のGWは前半と後半に分かれており、遊びの計画が立てにくかったのであるが、
とりあえず、晴天に恵まれそうな「緑の日」に出かけることにした。

向かう先は「彩の国ふれあい牧場」である。
時間に追われることのない牧場で、そして高原の爽やかな風に吹かれながら、
お弁当を広げてのんびりと過ごすことが目的だったのだ。

朝7:45、子供達のテンションも高く、青空が続く方角に向かって出発した。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年10月24日

林道探訪 追憶編14

■初めての北茨城方面(2003.04.19)

◆林道ラビリンスへ
ヘッドライトの灯りが朝もやに吸収されていく中、すれ違う車もない道を北東に向っていた。

とんでもない大雪に見舞われた4月初旬の林道探訪からちょうど2週間。
今回は北茨城方面の林道群を走るために朝4:00前に家を出てきたのである。

ひたすら下道で距離を稼ぎ、常磐道の水戸I.Cに着いたのはAM7:00頃であった。
ここから高速に乗り、集合場所の日立中央PAに向う。

ほどなくして、怪しい車たちの輪に加わった。
今回の参加者は英国車が多く、それに伴ってお初の方も多い。
そういや、アメ車が1台というのも集団ツーリングでは久しぶりかもしれない。

AM8:30頃、総勢9台の車が最初の林道に向けて走り出した。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年10月20日

林道探訪 追憶編13

■春の遠足(2003.04.05)

◆雨天決行
桜咲く4月、仲間を誘って「春の遠足」と称したツーリングを企画。

前日の晩から雨が降り出した。雨音が聞こえるのでそれなりに降雨量がありそうだ。
今さら気になっても仕方がないし、とりあえず寝ることにした。

早朝4:30、セットしていた目覚まし時計に起こされる。
さすがに今回の天気予報は外れなかった。やはり、雨音が聞こえてくる。

事前の打合せで雨天決行は決まっていたが、安全第一で走ることは大前提である。
情報では目指す林道の峠付近だけ残雪があるとのことだったので、
念のため、スコップ等のリカバリー道具を積んで家を出た。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年10月12日

林道探訪 追憶編12

■春待ちの奥多摩(2003.03.21)

◆春の予感
春の予感・・・ まさしくそんな雰囲気が漂う時期である。
昨年は奥多摩方面に出かけて訪れる季節を楽しんだのが思い出される。
そして一年後、そう同じく春分の日にまたも奥多摩方面の道を走っている。
時が経つのは早いものだ。

ちょうど3連休の初日ということもあり、しかも好天に恵まれるとのことで家族と一緒である。
奥多摩は1.5時間ほどで豊かな自然の中に身を置けるのでありがたい場所だ。
今回の目的はオンロード中心にして景色と旨い昼飯を楽しむことだったので、
林道はおまけ程度に日原林道だけを走るつもりでいた。

朝7:30頃に家を出て予定通り9:00過ぎにR411から日原街道に進路を取った。
この街道でまず最初に姿を現すのが川乗林道であるが、相変わらず通行止めとなっている。
展望の良さそうな林道だけに、ゲートの開く日が待ち遠しい。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年10月06日

林道探訪 追憶編11

■晩秋の秩父方面(2002.11.30)

◆出発
今回は秩父方面を目指す。
きっかけは某四駆雑誌に載っていた「川越〜秩父方面」の記事で、
以前から立ち寄りたい店の情報があると同時に野外に出かけたい気持ちが沸いてきたのだ。

前回走った後に体調を崩してしまい、このままシーズンオフも仕方無しという状況だったが、
なんとか2002年最後の林道ツーリングの時間を作ることが出来て良かった。

そして土曜の朝、時刻は7時前。
直前の天気予報では一日中曇りで気温も低めだったので、フリースを着込んで出発。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年10月04日

林道探訪 追憶編10

■秋色の林道探訪(2002.11.02)

◆出発
予定より早く、朝5:00には家を出た。
さすがにこの時間は車も順調に流れて、約1時間ちょっとで集合場所の奥多摩湖に到着。
気温は3度。日が重なるとともに冷えるようになってきたが、澄んだ空気は気持ちが良い。

1台が既に到着していたが、仮眠中だったので少し奥多摩湖畔を走ることにした。
山の稜線から朝陽が輝きを放つ時間でもあり、湖面に眩しいばかりの光が反射する。
周囲も紅葉真っ盛りまではいかないが、良い雰囲気の色を描き出している。
そして、本日は秋晴れである。贅沢な時間を感じながら走っていた。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(5) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年09月29日

林道探訪 追憶編9

■河口湖方面(2002.10.13)

◆秋晴れ
早朝に家を出るつもりが、予定より遅れて八王子I.Cに着いたのが6:30過ぎ。
案の定、三連休の中日ということもあり東京方面からの渋滞に嵌ってしまった。
なかなか発券所を通過できなかったが、7:00過ぎにそこを越えてからは、
順調に距離数を伸ばした。

秋晴れとはまさしく今日のような日を云うのだろう。
空には雲ひとつ無い清爽たる青空がどこまでも広がっている。
「富士山を眺めたい」 ただ、それだけの理由であったが家族も連れてきて良かった。

まずは西川新倉林道を目指すために、都留I.Cで降りて河口湖方面に進路を取った。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年09月27日

林道探訪 追憶編8

■奥武蔵グリーンライン(2002.09.21)

◆きっかけ
それは、3連休の前日のこと。
何となくであるが、うどんが恋しくなってきてふと「おたか本店」のことを思い出した。
ツーリングマップルにコメントが載っている店で、以前から気になっていた店である。
早速、該当のページ(関東甲信越版P52G5付近)を捲って、明日行くことに決めた。

天気予報を確認すると、晴天に恵まれそうだ。
同じページには、ちょうど奥武蔵グリーンラインも描かれている。
ここも以前から気になっていて走りたいと思っていた道である。
たまには舗装された峠道をのんびり走るのも良かろう。

そして、次の朝。
そんな考えに敏感に反応してくれた2台のXJとR299沿いのコンビニで待ち合わせた。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(6) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年09月21日

林道探訪 追憶編7

■大菩薩嶺方面(2002.09.07)

◆出発
先週、この方面を訪れようと思っていたのだが、
深夜残業が続いていたおかげで当日になって取りやめた経緯がある。
そして今週、やはり仕事が忙しいことには変わりはないが、
どうしても行きたくなったので、なんとか調整して土曜日の早朝に家を出ることにした。

朝4:30に目覚ましのベルと共に目が覚めた。
窓の外では昨晩からの雨の音が続いている。
どうしようかと考えたが、紳士の神通力を信じてとにかく大菩薩方面に向けて出発した。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年09月19日

林道探訪 追憶編6

■信州にて野営(2002.07.27〜28)

◆出発
第5回目となった林道仲間との信州オフ。
今年は夕方現地集合のため、木曽方面に足を伸ばしてから信州入りすることにした。

その前夜はなかなか寝付けなかったので、結局AM2:00頃に布団から出た。
玄関に置いていた荷物を積み込み、目覚めのコーヒーを飲みながらルートを再確認。
そして、AM3:00過ぎに寝ている家族を起こさぬように静かに家を出る。

今回は珍しく高速道路で移動することにした。
岡谷を目指すために中央道の八王子I.Cに向かってR16を走っていると携帯が鳴った。
Sさんである。氏は他の方との待ち合わせで談合坂S.Aに居るらしい。
「お互い気をつけて現地で合いましょう」ということで、こちらは単独行の予定を続ける。

そのうち談合坂S.Aが近づいたので、もしかしたらまだ居るかもと思って立ち寄ったが、
さすがに出発しているようだった。
とりあえず、用を済まして本線に戻ろうとしたとき、また携帯が鳴った。
Sさんである。氏は他の方と待ち合わせていたが諸事情で単独行となったらしい。
「では、ご一緒しましょう」ということで、連絡方法を無線に切り替えて合流することになった。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(4) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年09月17日

林道探訪 追憶編5

■秩父〜上野村方面(2002.06.22)

◆前日の晩
元々は泉水谷林道や大ダル林道が存在する奥多摩方面のルートを考えていた。
あちら方面は近いし、なんとなく「へそまん」が食べたくなったからである。

ただ、天気予報を見ていると数日前とは異なって傘マークが開き始めた。
いかん、、、そう思いながら23:00過ぎまで天気予報を気にしていたのだが、
結局、明朝5:00に起きてその時点の天気予報で決めることにした。

◆当日の朝
目覚まし時計が5:00を告げる。
と同時に、強い雨音と雷の音が窓の外から聞こえてきた。
なんとなく気が失せてしまい、天気予報を見るまでもなく二度寝することにした。

そして8:00過ぎ。
コーヒーを飲みながら新聞を読んでいると、鳥の声が外の雰囲気を知らせてくれる。
どうやら雨は上がったらしい。そうなると気分が一新する。
早速、ピンポイント予報でこれから出掛けるにはどの辺りが良さげか検討開始。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年09月14日

林道探訪 追憶編4

■初期化(2002.06.07〜08)

◆初期化に向けて
約1ヶ月前から、11連休を取るにあたって時間をどう有効に使うか考えていた。

本来なら気ままに何日も放浪したいところであるが、今は家族がいる。
しかも幼稚園児2人を抱えているため、平日続けて休ませる訳にもいかない。
とりあえず、金〜土曜日の予定で温泉旅行の予定を立ててみた。
家族との時間を楽しみつつ、私自身の初期化でもある。

私的には一軒宿しか無いような秘湯めいた場所に魅力を感じていたが、
小さい子供を連れていても何かと融通が利く温泉宿が我が家には必要であった。
そして色々と問い合わせて検討した結果、向かう地は群馬の四万(しま)温泉となった。

地図で確認すると秋鹿大影林道と万沢林道を繋ぐ絶好の温泉地であることがわかった。
秋鹿大影林道と万沢林道は2本繋ぐと30km以上に及ぶダートである。
当初、温泉地を決めるにあたって林道は重要な要素ではなく走ることも考えてなかったが、
改めて地図を眺めていると、この地を選んだのは何かしら縁があったものと思われる。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(4) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年09月12日

林道探訪 追憶編3

■中津川〜川上牧丘(2002.06.01)

◆集合場所
集合時間の朝8時少し前、「道の駅 大滝温泉」には既に全員が揃っていた。

じつは、この日から仕事を放り出して11連休を取ることになっており、
心身ともにリフレッシュさせる予定になっているのだ。
そのために旅情派活動は至極当然のことである。

事前の呼びかけに反応頂いた車はXJばかり6台となった。
特に車種には拘らないが、たまにはこんなツーリングも良いものである。

この日は朝から眩しいばかりの青空が広がり、行程が楽しみになる。
集合場所にてXJ談義や林道行程について確認した後、まずは中津川林道に向けて出発。

中津川林道は今まで何度もこの近くを通りながら縁が無かったのであるが、
ちょうど本日6月1日は川上牧丘林道の冬期封鎖が解かれる日でもあったので、
その周辺の林道群を絡めて走れるようなコース設定をしたのである。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(3) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年09月05日

林道探訪 追憶編2

■御荷鉾方面(2002.05.18)

◆雨の朝
林道ツーリングに行く日を決めてから週間天気予報が気になっていた。
皐月の季節にも関わらず、ここ1,2週間は梅雨空の様相を呈しており、
天気マークがわざととも思えるくらいにめまぐるしく変化していたのである。
そしてその前日、予報では明け方頃まで雨、その後は曇りとなった。
よし!これなら大丈夫ということで安心して眠りについた。
〜〜〜〜〜
AM4:00頃、めざまし時計の前に目覚めた。雨はまだ降っている。
まぁ、集合場所に着く頃には雨も上がっていることだろう。
そう思って準備を整え、AM5:30に家を出た。
〜〜〜〜〜
途中、FMの天気予報が耳に入ってきた。
ん?一日中雨?どうやら上がるはずの雨が上がらないらしい。
林道では降水確率90%でも雨を降らさない神通力もここまでか。仕方ない。
フロントガラスに絶え間なく落ちてくる雨粒を恨めしく思いながら集合場所に向かった。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

林道探訪 追憶編1

■奥多摩方面(2002.03.21)

◆春の陽気
ここ数日間、暖かい日が続いており陽光からも春の訪れが感じられる。
少し前まで殺風景だった街中の風景にもいつの間にか桜の花が彩っている。
春分の日である本日も文字通りに春の朝であった。

家族と一緒に朝食を取りながら今日をどう過ごすか相談してみる。
元々は林道ツーリングの予定は無かったのであるが、
あまりに気持ちの良い朝だったので自然の中で時間を過ごしたいことから急遽決定した。

選んだ場所は奥多摩方面。
既に時間は9:00を回っていたが、とりあえずお昼前には着けそうだ。
以前から一度は行こうと思っていた場所である。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(7) | TrackBack(1) | クルマ関連 |

2006年09月04日

林道探訪 追憶シリーズ

四駆が趣味の中心であった当時はダート林道を楽しんでいたのですが、
その頃に運営していたHPには「林道探訪」なるコンテンツを載せておりました。

それらの中には今ではすっかり舗装された林道もあり、
自転車で改めて走ってみたい場所もあります。

htmlファイルと小さくリサイズした写真だけは残しているので、
ブログ上に転載して記録しておきます。
乱筆乱文なので、まぁ、適当に読み流してください。

数が多いため関東に引っ越してきてからのレポをアップしていきますが、
これから週2〜3本ぐらいのペースとしても3ヶ月ぐらいは穴埋め記事に出来そうです(^^;
posted by きーじぇい | Comment(2) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年06月16日

若葉マーク

ここ最近、カミさんが長年のペーパドライバーを返上して車を運転するようになってます。

blog_pic1409.jpg 当初は「慣れるまで若葉マーク付けて走ったら?」なんて思ってましたが、
 まぁ、なんとか乗りこなしているようです。
 おかげで、今朝みたいな強い雨の日は最寄り駅まで送ってもらって助かります。
 # 徒歩なら20分掛かってしまうので暴風雨の時は大変なんです。

今後は自転車が自走不可になった時などにも迎えに来てもらえそうですし、
もしくは家族旅行の際には私だけ自走していくということも許されるかな・・・(^^;

ちなみに、私のロード生活は10ヶ月目。
まだまだ心の中に若葉マークを付けている初心者です。
posted by きーじぇい | Comment(5) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2006年05月19日

忘失・・・

ビッグホーン、チェロキーと使ってきたICOMのモービル機があるのですが、
ステップワゴンでも運用できるようにバッテリーから車内に線を引き込んであります。

ただ、今度は常設せずに短めのアンテナ&マグネット式の基台にしようとしていて、
(まだそれらを手に入れてないため)本体だけ繋いで放置状態です。

で、そのうちに秋葉原でも行こうかと思っていたら、大事なことに気が付きました。

局免が切れてるやん・・・orz

5年毎の更新なのですっかり忘れてました。
たしかに、ここ1年近くは運用していなかったけど、○ヶ月も前に失効していたとは(汗)
因みに私が使っていたコールサインはまだ他に交付されていないので、
旧コールサインとして開局申請すれば再交付されるみたいです。
posted by きーじぇい | Comment(22) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2005年12月26日

ミニバン乗りへのステップ

なんだかんだとオフロードを走るためにクロカン四駆に乗リ続けてきましたが、
実は昨日デジカメを買う前にミニバンも衝動契約してきました。

チェロキーは来年2月に2回目の車検を通すつもりでいたのですが、
一方で、我が家の今後の状況を考えると果たして車検は得策かどうか・・・
という話も出ていたのです。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(19) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2005年06月13日

キャスターウェッジだけのはずが・・・

少し前からキャスターウェッジのヒビに気が付いていたので、
交換しようと思ったら・・・

blog_pic479.jpg

なんと、25mmブロックのセンターピンまで折れてました(^^;

ちなみに、ブロックのピン折れ自体はこれで2度目なので、
「またか」という感じですが、鋳物製は経年による劣化がありますねぇ。
たしかに、オフ走行などでそれなりに酷使してきましたが・・・

新しく交換したキャスターウェッジは今までのトムケンではなく、
プロコンプのアルミ製で60mm幅2.5度のタイプです。
左右とも交換しておきました。

ブロックは取り急ぎ在庫ありの鋳物製を装着です。
他の材質や別の嵩上げ方法は今後の課題にしておきましょう。

ヒビ割れの原因は、25mmブロックのセンターピンが折れていたせいで、
微妙にずれたりして負荷が掛かっていたのかもしれませんが、 
まぁ、こんなことが起こるのは、とにもかくにもアメリカンということで・・・
posted by きーじぇい | Comment(3) | TrackBack(0) | クルマ関連 |

2005年06月09日

関東信州 林道ガイド

blog_pic462.jpgBACK OFF増刊 の「関東信州 林道ガイド」2005年度版が発売されております。
(フィールド出版 税込1,680円)。

実走データに基づく32エリア・・・
この2005年度版では東京と千葉が新たなエリアとして追加になっており、
「福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、東京、千葉、山梨、静岡、長野」などの
100本の林道情報が載っております。

また、「見る、食べる・買う、温泉、宿泊」といったその周辺の立ち寄りポイントや名物についても色々と掲載されていますので、
関東周辺の林道探訪に役立つ本です。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(6) | TrackBack(0) | クルマ関連 |