2013年01月04日

ランダーブラック

私が使っているクッカーは10年以上前に買ったスノーピークの「ランダー2/ランダー3」です。

目的に応じて組み合わせていますし、昔から角型が好きなんですよ。
そして、1.2oの厚みがあるアルミ素材と目盛りのおかげで米を炊くにはコレが一番。

blog_pic9106.jpg

ただ、ずっと前に廃番になってしまって、もう手に入らないと思っていたのですが、
2013年新作の「↑ランダーブラック」として限定復活したんですって!!
しかも、ポットにもフッ素コーティングされているし。

物欲が沸騰しかけましたが、値段を見てすぐさま冷静に・・・(^^;
グリーン蓋のランダーには愛着があるし、これからも大事に使おうと誓ったのでした。
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2012年12月19日

モンベルのダウン

blog_pic9089.jpg

保温性に優れたダウンジャケットを求めて、モンベルの「アルパインダウンパーカ」を購入です。

冬山に行くことは無いのに、アウトドアショップを覗いて800フィルパワーのグースに惹かれ・・・
コストと品質のバランスを考えると、モンベルが選択肢の上位に入ってきます。
また、3年保証といった付加価値もありがたいサービスですし。

最初は軽量な「ライトアルパインダウンパーカ」辺りを試着したのですが、
コンシールジッパーはやっぱり使い難い(素手でもイライラしちゃいます^^;)ので却下。

結局、生地が20デニールでボックス構造の「アルパインダウンパーカ」に決めましたわ。
たしかに包まれるような温かさがあります。
これを普段使いするのはオーバーかなと思いつつ、せっかく買ったので通勤でも着ようかと。
# カジュアル出勤だし、何より人一倍寒がりなんです(ホンマ、洒落になりまへん)。
posted by きーじぇい | Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2011年12月19日

湯〜沸くの誘惑

blog_pic8056.jpg

先日、ちょいと暇つぶしでもしてくるかと近所のアウトドアショップで色々見ていたら、
誘惑に負けて十数年ぶりにガスストーブを買ってしまいました(昨日デビュー)。

昔はストーブの収集癖(過去記事)があり、且つ液燃派だったのですが、
湯を沸かすことがメインなら携行しやすい軽量なやつも良いかなと思いましてね。
で、選んだのがSOTOの「マイクロレギュレーターストーブ SOD-300」ってモデルです。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(7) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2010年09月17日

過去の収集癖

昔からのお付き合いの方はご存知ですが、以前はストーブの収集癖がありました。
そのおかげか、ブログの検索ワードでは自転車ネタ以外にストーブ関連も多かったりします。

【収集癖】
http://xjmarin.seesaa.net/article/7875711.html (BORDE、COLEMAN)
http://xjmarin.seesaa.net/article/7952268.html (ENDERS)
http://xjmarin.seesaa.net/article/8216359.html (アルコール、ケロシン)
http://xjmarin.seesaa.net/article/9116625.html (OPTIMUS)
http://xjmarin.seesaa.net/article/10150655.html (小ネタ)
http://xjmarin.seesaa.net/article/10627227.html (円筒型)
http://xjmarin.seesaa.net/article/10627332.html (特にお気に入り)

最新の軽くて便利なモデルも良いですが、
ポンピングやプレヒートなど点火までの面倒な?過程が好きだったりするのです。
# 今は収集癖も落ち着きましたが、また物欲が湧いて来る可能性は否定できませんw

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(4) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2009年01月13日

トラメジーノ

持っていることすら忘れていた雪峰の「トラメジーノ」です。

blog_pic4102.jpg

荷物整理で出てきたので久しぶりに活用してみましょうかね。
いわゆるホットサンドメーカーの類ですが、その気になれば簡単な料理も作れますよ。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2008年12月28日

玄関先で・・・

物置の中で定位置を確保し、1年以上使っていなかったりなんかして・・・

blog_pic4052.jpg

1960年代生産の「ホエーブスNo.625」ですが、まだまだ現役で頑張ってもらわなければ。
ってことで、燃料を補充してポンピングとプレヒートです。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(4) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2008年01月31日

心の葛藤

近所にはアウトドアショップのWILD-1がある。
先日、久々に立ち寄ったら、いつの間にかコンボクッカーを持ちながら妄想が膨らんでいた。
危うい危うい。一旦、心を落ち着かせようと店を出る。

おまけにそのすぐ近くにはハナマサもある。
続いて立ち寄ったら、いつの間にか牛テールのパックを手にしながら先程の妄想が・・・
危うい危うい。一旦、心を落ち着かせようと店を出る。

その後、数日経ってカミさんと一緒に(それとなく誘い込んで)WILD-1へ。
(ごく自然の流れを装って)コンボクッカーの利便性などを説明している自分が居た。

が、既に2台のDOを所有していることもあり、絶対的な必要性もなく陥落せず。
そう、これでいいのだ。

「背中を押して欲しかった自分」と「止めて欲しかった自分」の戦いはこれにて終了(たぶん)。
posted by きーじぇい | Comment(7) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2007年10月06日

半年振りに空の下

残業により寝不足気味の日が続いていたので、本日は運動を控えて完全休養日。

blog_pic3101.JPG

買い物に付き合った後、ふと思い立って夕方から「ホエーブスNo.625」のメンテをしました。
それなりに年代が経っているモノですが、我が家のメインストーブです。

半年振りに収納缶から出し、錆落としと各パーツのチェックをしてからプレヒート。
最後に火を入れて変わらぬ優しい燃焼音を楽しみ、やっぱりコイツが一番だと再確認です(^^)
posted by きーじぇい | Comment(4) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2007年09月17日

DOで焼き栗

子供たちと栗拾いに行ってきたので、早速DOで「焼き栗」をやってみました。

blog_pic3083.JPG

・・・といっても、切込みを入れた栗をDOに放り込んで弱火で35分ほど待つだけ。
我が家はIHヒーターなので火加減を見る必要もなく、時間が経つまでリビングで別の用事。

DOを使った無水調理なので「蒸し栗」のような感じもありますが、
蓋を取ると香ばしい匂いが漂い、パリッとした皮の中はほっこりな仕上がりで家族にも好評〜♪

# 次は栗ご飯にするとして、残り1.5kg以上ある栗はどうやって食べよう・・・
posted by きーじぇい | Comment(4) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2007年04月25日

使ってナンボ

部屋の片付けついでに、久しぶりにソロ用道具のコンテナを開けてみました。

blog_pic2683.JPG

クルマを乗り換えてからは室内に置きっ放しになっていますが、
四駆時代は荷室に積んで林道を巡りながらちょっとした野外食も楽しんでいました。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(9) | TrackBack(1) | アウトドア関連 |

2007年04月19日

簡単クッキング

blog_pic2682.jpg ソロ用クッカーの調理で絶対!に役立つ本をご紹介しておきましょう。

 ●シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング
 斉藤政喜 著 えい出版社(714円)

 【ワンバーナークッキング五箇条 】(冒頭ページより)
 1. 日本全国どこでも手に入る食材を使う
 2. 食器にもりつける必要なし
 3. 短い調理時間、長くてせいぜい10分
 4. 味付けはすべて目分量
 5. すぐに覚えられるシンプルなレシピ

1つの料理が見開き4ページになっています(こんな感じで写真の次に調理法あり)。

この本で特にお勧めしたいのが「お茶漬けマヨスパ」です。
茹でたサラスパに市販のお茶漬け海苔とマヨネーズを混ぜたものですが、
これが傑作といえる味で野外だけでなく今でも我が家の食卓に出たりします。

他にはじゃがりこがマッシュポテトに変身したり、お餅をピザにしてみたり、
意外な発想でとにかく簡単に作れる料理が31品掲載されています。

ありがちなアウトドア料理本ではなく、手軽な材料でB級グルメの世界が楽しめますよ。
本屋でページをめくってみたら、きっと欲しくなるかも(^^)
posted by きーじぇい | Comment(10) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2006年11月19日

見てくれは悪くても

午前中少しだけでも走れるかなと思っていましたが、
目覚めてみるといつ降り出してもおかしくない鼠色の空・・・DNS決定。

blog_pic2392.JPG

で、やっぱり雨の日曜日となったので判断は良かったのですが、
カミさんが風邪で寝込んでしまったので、娘と一緒におやつを作ることにしましたよ。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(7) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2006年11月04日

スキレットでおやつ

家の中でじっとしているのも退屈なので、おやつを作ってみました。
怪我で迷惑を掛けている家族への罪滅ぼしの意味もあります(^^;

blog_pic2279.JPG

というわけで、今回は「ブラウニー」。
私の場合、オーブンを使わずにダッチオーブンやスキレットで焼き上げます。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(8) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2006年04月13日

素晴らしきストーブ vol.7

Vol.7は特にお気に入りのストーブを紹介して最後を締めくくりたいと思います。

ホエーブスは後世まで語り継がれる名品でしょう。
当時、山に持参したりして思い入れのある方も多いと思います。
RADIUSやVESTAはミリタリー系のストーブで渋さと美しさを兼ね備えております。

★PHOEBUS
No.625
 所有しているのは旧旧型に分類されるもので、1960年代製造と思われるものです。
 民生用ではなく西ドイツ連邦政府の放出品になります。
 強火から弱火まで自在に操ることが可能であり、燃焼音も素敵です。

No.725
 No.625と違ってこのNo.725はじゃじゃ馬的な性格がありましたが、
 このスタイルが好きで使っていた人も多かったはず。
 今見てもカッコいいストーブですよね。
 
★RADIUS
No.43
 オリーブグリーンの渋いケースを開くと麗しいクロームのタンクが現れます。
 ゴトクの形状も特徴があり、全体的なシルエットに美しさを感じます。
 パーツのひとつひとつにも当時の職人気質を感じるストーブです。 

★VESTA
VESTA
 VESTAをご存知の方は少ないと思いますが、フランス製のストーブです。
 バーナーヘッド&タンクの位置関係や4本ゴトクの形状など独特で、
 OPTIMUSの弁当箱シリーズとはまた違った仕様で面白いです。

# 左上のカテゴリで「アウトドア関連」をclickして頂けるとVol.1〜7まで続けて参照可能です。
posted by きーじぇい | Comment(7) | TrackBack(2) | アウトドア関連 |

2006年03月08日

素晴らしきストーブ vol.6

Vol.6は円筒型ストーブということで4つ載せております。

MANASLU300は折り畳めば円筒型ということでちょっと無理っぽく分類しておりますが、
JUWELやSVEA123については普遍的なスタイルですね。

こんなストーブを持参して、遠くの山稜を眺めながら独りでコーヒーを飲む・・・ 
カッコ良いじゃないですか。

★GUSTAV BARTHEL
JUWEL 34
 このJUWEL 34は東ドイツ時代のGustav Barthelブランドで発売されていたものです。
 ドイツらしいかっちりとした造りで小振りながらもなかなかの実力者です。
 銀色の耐熱塗装も結構渋い感じがします。

JUWEL 84
 JUWEL34よりはひと回り大きめです。
 同じGustav Barthelブランドでもこちらは東西統合後の製品になります。
 モスグリーンのモデルもありましたが、これは鮮やかなブルーが印象的です。

★MAX SIEVERT
SVEA 123
 SVEA 123Rは今でもOPTIMUSブランドで販売されておりますが、
 これはMAX SIEVERT時代のモデルになります(Rの文字も付きません)。
 風防に刻印があったり、各パーツも細かい点で現行品とは異なります。

★HOPE
MANASLU 300
 このMANASLU300はコールマン538(M-1950系)と瓜二つですが、
 私的には日の丸ブランドというところがオリジナルよりポイントが高いです。
posted by きーじぇい | Comment(4) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2005年12月07日

素晴らしきストーブ vol.5

Vol.5はガスストーブとちょっと視点を変えた道具を紹介します。

今回は小ネタ的になっておりますが、色々と使ってみた道具たちです。
人によってはへんてこに映るかもしれませんが、所詮は趣味の世界ですから〜

★CAMPING GAZ
アルペンコンロ
 カートリッジがCV360という専用モデルでソロ向けの面白いストーブでした。
 現在のキャンピングガスはコールマンの傘下になっておりますが、 
 個性的な道具が多かったですね。

★PRIMUS
IP-2243PFA
 X字ゴトクはPRIMUSの定番ですね。
 IP-2243PFAはIP-2243PAの兄弟モデルでロングスピンドルが特徴です。
 分離型になるスパイダーキットを合わせて結構使ったストーブです。

EX-ULT-1A
 世界で初めてチタン素材を採用したストーブで、
 エクスカイザーシリーズの先駆けとなったモデルです。

★DUAL-HEAT
デュアルヒート
 固形燃料でありながら、DUAL-HEATは保存可能で再利用することが出来ます。
 また安全性が高く、缶入り燃料として唯一「非危険物」として認定されていたりします。
 オプションにはゴトクもあり、簡易ストーブとして使用することも可能です。

★ESBIT
ポケットストーブ
 携帯性に優れた折りたたみ式コンロと固形燃料がセットになったストーブです。
 燃料はスタンダードとミリタリーの2タイプがあって1本辺りの燃焼時間が異なります。

★HALOMARK DESIGN
アリゾナストーブ
 2枚のチタン製プレートとトランギアのTR-B25などを組み合わせることによって
 簡易的なストーブに変身します。
 単なるプレートと言ってしまえばそれまでですが、ソロ派には心くすぐる道具です。 

★PERMA MATCH
パーママッチ
 使い捨てではなく何万回と半永久的に使用できる着火道具です。
 点火棒が長く伸びるため200系のランタンなどにも重宝します。
 趣味的な要素が強いですが、防災用のアイテムとしても使用できると思います。
posted by きーじぇい | Comment(11) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2005年11月11日

素晴らしきストーブ vol.4

Vol.4はOPTIMUSのストーブを紹介することにしましょう。

OPTIMUSには個性的なストーブが多いですが、
中でも堅牢で機能的な弁当箱スタイルのシリーズを愛用しておりました。

いかにも野外に持ち出して使う道具という感じがしませんか?

★OPTIMUS
No.8R
 バルブホイールの造形が素晴らしい60年代製造と思われるストーブです。
 最終モデルとなった8Rハンターとは異なり、作り込みが丁寧です。
 ソロ活動で持参するにはちょうど良いサイズですね。

No.10 Ranger
 灯油と軽油が使えるストーブです。
 サイズは8Rシリーズと一緒ながら、中身は111Cハイカーのような感じです。
 たまたま立ち寄ったショップでデッドストック品として見つけたものです。

No.111C Hiker
 この111Cハイカーは頑丈且つ使い勝手が良かったので、お気に入りでした。
 燃料には白ガス、赤ガス、灯油、軽油、アルコールを使用することが可能です。
 燃焼音は静かで、火加減は強火からトロ火まで自在でお米も美味しく炊けました。

No.199 Ranger
 119シリーズの後期型になります。
 使用時は小さなケースの中からパーツを出して組み立てる必要がありますが、
 道具としての楽しさがありましたし、蓋はクッカーとして使用することも出来ました。
posted by きーじぇい | Comment(6) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2005年10月20日

素晴らしきストーブ vol.3

Vol.3はアルコールやケロシンのストーブです。
といっても、ず〜っとガソリン派だったので数は少ないですが・・・

アルコールストーブで静寂の時間を味わうのも一興ですし、
ケロシンの燃料代の安さも魅力的だったりしますね。

★SIMON
SIMON STOVE
 シルバーの光沢によって上品な雰囲気がするストーブです。
 燃料を入れたまま携行はできませんが、ちょっとしたブレイクタイムに使えます。

★SVEA 
NC62(NC76)
 スウェーデン製のアルコールストーブと飯盒クッカーです。
 ミリタリーな風合いが如何にもといった感じです。
 なかなか機能的で日本の飯盒とはまた違った面白さがありますよ。

★TRANGIA
TR-28 ミニ
 アルコールストーブの定番であるTR-B25とクッカーのセットです。
 今は新しいモデルにチェンジしているみたいですが、
 日帰りのハイキングや軽さを重視するならアルコールストーブは良いかも。 

★TAKEI BURNER
101Cセット
 国産ストーブにはマナスルもありますが、個人的には武井バーナーのほうが好みです。
 火力は上位モデルと同様にとても強く、エア圧の調整によって火加減の調整も可能です。
 セットの場合は冬場はヒーターとしても活躍してくれます。
posted by きーじぇい | Comment(6) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2005年10月11日

素晴らしきストーブ vol.2

Vol.2はエンダースのストーブたちです。

エンダースというブランドをご存知の方は少ないと思いますが、
特徴のあるストーブを製造していたので存在感があります。

★ENDERS
No.9060N  
 エンダースらしい箱型のストーブです。
 ちょっと大きめのサイズでアウトドアで調理する場合に安定感がありますね。
 真鍮タンクも印象的です。
 
No.9061
 1960年代に製造されたドイツ軍向けのストーブ。
 渋さの中にドイツ気質のしっかりした作り込みを感じることができます。
 内部がスライドして収納する方法も秀逸。

No.9061D
 No.9061の民生用になります。
 パーツに若干の違いがありますが、使い勝手は同様です。
 2レバータイプなので火加減も自在です。 

Baby No.2640
 エンダースのBabyシリーズは小さくてホント可愛いです。
 Babyの名が付くものとしてはNo.9063やNo.263などのモデルが有名ですが、
 それらとはちょっと違った仕様で面白いです。
 
BIWAK
 細身の円筒タイプです。
 偶然入ったショップで長らく売れ残っていたものを見つけました。
 アウトドア用のストーブにしてはタンクの色合いが独特です。
posted by きーじぇい | Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2005年10月08日

素晴らしきストーブ vol.1

先の記事で書いたようにアウトドアストーブのネタをアップしていきたいと思います。
不定期になりますが、ある程度まとめますので最終的にはvol.6か7くらいになりそうです。

尚、数年前に書いたものもありますので情報としては古くなっていたり、
当時は現行品であったものが廃番になっていたりしますがご了承ください。
# 加筆や修正は面倒なので行いません(^^;

何からアップしていこうと思いましたが、
まずはボルドーバーナーと定番のコールマンからにしましょう。

★BORDE
ボルドーバーナー 
 職人による芸術品のようなストーブですね。
 いつ生産中止になってもおかしくないと言われておりましたが、
 現在はどのような状況になっているかは存じません。
 いずれにせよ、後世まで語り継がれる逸品であることは間違いないでしょう。
 
★COLEMAN
416-700J クラシック
 人とは違うものを持ちたい性格なので現在はこのツーバーナーを使用中。
 鉄板が厚くて堅牢で作り込みがしっかりしております。

442-770J ピーク1
 ピーク1には色々なモデルが存在しますが、
 使い勝手の良さはオーナーだった人には良くわかるはず。
 この銀色モデルは自動車用の赤ガスも使えるタイプです。

505B EASI-LITE
 カナダ工場で生産されていた2レバーモデル。
 2レバーのおかげでとろ火などの微調整もOKです。
 ツマミの形状やポンプ位置も特徴的です。
 
518D Catalytic
 キャタリティックヒーターは優しい暖かさなので、
 寒い時期にテーブルの下などに置けば簡易コタツのようにも使えます。
posted by きーじぇい | Comment(7) | TrackBack(1) | アウトドア関連 |

アウトドア用のストーブ

季節柄、そろそろアウトドア用のストーブの話題などいかがでしょうか。

blog_pic748.JPG

ストーブという道具にはなんだかわからない魅力が潜んでおります。
単なる実用的な道具としてではなく、
古来の人が火を崇めてきたように心をくすぐるのかもしれません。

ストーブのひとつひとつが個性を持っており、
使う人によってその受け止め方(=価値観)は異なります。

燃料には、ガソリン、灯油、軽油、アルコール、ガス、固形燃料など様々なタイプが存在し、
構造においても、シンプルなものから複雑なものまで
小さな世界に創意工夫が凝縮されております。
点火に至るまでの作業もそれぞれに癖があって使いこなす喜びがあります。

そして、野外活動では自己満足の世界を演出してくれます。

山鳥のさえずりを聞きながら早朝の凛とした雰囲気の中でコーヒーを楽しんだり、
長年使っている鍋を用いて自分なりに会得した火加減でご飯を炊いたり、
寒い夜には身体と気持ちまで温めてくれる汁物料理を作ったり、
やはり欠かすことの出来ない道具です。

収集マニアというわけではなかったのですが、
いつの間にか数も増えて中には珍しいものもあったりしたので、
HPを運営していた時にはコンテンツとして所有ストーブを紹介しておりました。

当時のHTMLのソースは保存しておりますので、
今後、何回かに分けてアップしていきたいと思います。

# ブログ用にソース内のリンク先などを変更したり、
# ファイルのアップだけでもそれなりに数が多くて時間が掛かるため、追々になりますが・・・(^^;

posted by きーじぇい | Comment(9) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2005年06月04日

ささやかな望みごと

未明までW杯予選を見て一人盛り上がっておりました。
夜更かしした甲斐がありましたね(^^)
サッカーについては20年以上やってきたので色々blogに書きたいこともあるのですが、
それはまた追々にして、この調子で本大会への切符を手にして欲しいなぁ〜

blog_pic448.jpg

で、本日はスポーツオーソリティーが近くにOPENしたので家族と行って来ました。

開店時間早々に行ったのですが、お目当ての品は既に売り切れでちと残念。
まぁ、他にも欲しいものはあったのでそれらをカゴに入れたついでに
1,999円のコンボクッカーを買おうかと思ったのですが、
カミさんから「置き場所あらへんやん」と的確なコメントが入ったので断念しました。
でも、やっぱり欲しいなぁ〜

その後、朝霞の陸上自衛隊広報センターまで行って
戦車試乗ツアー」を申し込んできました。
競争率の高い抽選らしいですが、当たって欲しいなぁ〜

これ書き込んでいる最中に外が真っ暗になって大雨が降ってきました。
おっと、カミナリも・・・
明日は自転車乗りたいのでなにがなんでも朝までには止んで欲しいなぁ〜
posted by きーじぇい | Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2005年05月28日

晩飯にダッチオーブン

本日はとりあえずスポルティーフに乗って出かけていたのですが、
晩飯担当に指名されていたために15時前に帰宅して、
夕方から準備に取り掛かっておりました。

blog_pic419.jpg

というわけで、私が晩飯担当の時はいつもダッチオーブンです。
理由は簡単、材料を放り込むだけで面倒くさい手間が掛からないので・・・(^^;

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(6) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2005年05月27日

G'zOne TYPE-R

アウトドア派にとって待ち望んでいたものがついに復活ですね。
折り畳み式っていうのがスゴイ。

● 「G'zOne TYPE-R」(詳細はこちら

でも、今の携帯(A5406CA)は5ヶ月前に買い換えたので、
個人的な購入はもうちょっと先だなぁ。値下げも期待して・・・

(携帯裏話)
昔、仕事先にて7Fからエレベーターに乗ろうとした時のこと。
携帯が手から滑ってエレベーターと床の隙間に落ちたことがあります。
数十分後、ビル管理の人が救出してくれましたが、
さすがに地下への直行便では修理不能な状態でした(^^;
posted by きーじぇい | Comment(8) | TrackBack(1) | アウトドア関連 |

2005年04月28日

3D地形地図

昔から林道巡りが趣味なものですから車で峠はよく走ってきましたが、
自転車についてはまだまだヘタレなので、
もう少し走りこんで鍛えてから秩父方面の山などを楽しみたいと思ってます。

とは言いながら、「山と高原地図」などを広げつつルートを模索していたりして、
ネットでもちょいと調べ物をしていたら、「3D地形地図」なるものを発見。

日本では立体模型地図の類はありますが、このように携帯できるものは面白いです。
アルペンスキー用とのことで海外では需要があるんでしょうねぇ。

# 埼玉秩父編の3D地形地図が欲しい・・・と思った私。
posted by きーじぇい | Comment(3) | TrackBack(1) | アウトドア関連 |

2005年04月09日

幻のスベアライト

blog_pic261.jpgこのランタンをご存知なら、マニア度はかなり高いですね(^^)
BE-PALの「'94 OUTDOOR YEAR BOOK THE CATALOG」に掲載されていた
オプティマスのスベアライトです。

名器123Rの燃料タンクを使う為、かなりのコンパクトさです。
この写真を初めて見た時は期待しましたよ。
めっちゃ小さなガソリンランタンですからね。

で、発売されるのをずっと待ってましたよ。
でも、結局は幻に終わりましたね。

ランタン使用中はストーブが使えませんし、
その逆もまたしかり。
それが未発売の理由かどうかはわかりませんが、いずれにせよ残念でした。

今、もし発売されるようなことがあったら?
当然、買いますよ。
posted by きーじぇい | Comment(4) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2005年03月18日

山と高原地図

先日、サイクリング時の地図は「でっか字まっぷ」を使っていると書きましたが、
緑が映える季節は山が恋しくなるので、その時には「山と高原地図」も使うことになるでしょう。
# 持っているのは2002年度版なので少々古いかもしれませんが・・・

blog_pic198.jpg

登山やハイキング向けの地図ですが林道名なども載っておりますので、
以前から車での林道ツーリングに利用してきたのですが、
これからは自転車活動でも(舗装路メインですが)重宝しそうです。
詳細な地形や山の名称等も分かりますし、一枚物なので広げればルート検討にも便利です。

# ミウラ折りできれば良いのですが、最初から折り目が付いているので折り直せないですね。

ルート検討といえば、国土地理院の地図閲覧サービスも去年からカラーになって見やすくなってますね。

そんなこんなで、何処に走りに行こうかと考えているわけですが、
その前に峠を走りこなせる脚にしなければ・・・ orz
posted by きーじぇい | Comment(2) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |

2005年02月27日

ホエーブス No.625

ようやく、インフルエンザから解放され体も軽くなりましたが、
安静期間で本日も自転車には乗れず、ストーブのメンテなどを行っておりました。

blog_pic140.jpg

ストーブ、バーナー、コンロ・・・色々な呼び方がありますが、
自転車で出かける時にソロ用の鍋と一緒に持参する方もおられると思います。

私はストーブには結構うるさくて、古くてマニアックなものを集めたりしてきました。

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(11) | TrackBack(2) | アウトドア関連 |

2005年02月23日

鉄塔 武蔵野線

東京自転車生活さんのところで「鉄塔 武蔵野線」の話題がありましたので、
開かずの段ボールの中から探してもう一度読んでみることにしました。

blog_pic136.jpg

読んだ方、あるいは映像化されているので観た方おられませんかね?

続きを読む
posted by きーじぇい | Comment(5) | TrackBack(0) | アウトドア関連 |