2007年10月07日

有間日和

本日は秋晴れの素晴らしい空が広がった「有間峠」を楽しんできた。

blog_pic3104.JPG

朝8時に永田のセブンイレブンに集まり、「有間峠」に向かうことにした(その場で行き先決定)。
ちなみに本日のメンバーはワニガメさん、tanyさん、kaoさん、ばっちゃん、私の5人である。

澄み渡った青空の日だからこそ「有間峠」に登る価値があるというものだ。

blog_pic3105.JPG

「名栗湖」の貯水量は台風による放水後から相変わらずのようだが、
濁っていた色からいつもの色に戻っていた。

blog_pic3106.JPG

名栗湖を出て「広河原逆川線」に向かい、観光釣り場でドリンク補給。

「広河原逆川線」はとにかく序盤の4km辺りまでがキツイ。
崩落による尖った石が至る所に転がっていたり陥没した路面を避けながら登っていく。
ゆっくり登ったせいか、心拍は160台をキープ。

標高の高い場所を流れる心地良い風を感じながら「有間峠」に装着。
「名栗湖」や遠くの稜線の景色がくっきりとしており、本日はまさに「有間日和」であった。

登りは半袖でも暑さを感じたが、下りはベストとアームウォーマーを装着してビューン。
# って、こちら側も拳大の石がゴロゴロしていたり、路面が川になったり・・・

blog_pic3107.JPG

「秩父さくら湖」まで下り、小休憩で談笑していたら突然「ブシューン!!」という音が響いた。
立て掛けていたばっちゃん号のチューブラーからであったが、なんであのタイミングで?

blog_pic3108.JPG

昼飯の時間だったので浦山口経由で「猪カツ丼」の店に向かったが、あいにくの休業日・・・orz
仕方ないので秩父方面に戻ることにしたが、ドリンク補給中にSLが通過したので一枚。

blog_pic3109.JPG

blog_pic3109x.JPG

で、やってきたのが「安田屋」の秩父店(有名な小鹿野の姉妹店である)。
炊飯中だったり色々タイミングが悪くて少々待たされた。

安田屋 秩父店
埼玉県秩父市日野田町1-6-9 Tel 0494-24-3188
11:30〜19:00 月曜定休

「2枚わらじかつ丼(900円)」にしたが、小鹿野の本店よりボリュームがある感じだったし、
食後のみんなからは「1枚にしとけば良かった」と同じセリフが繰り返された。
ちなみに、本店では付かない味噌汁がこちらでは標準なり。

blog_pic3110.JPG

帰りは何処を登ろうかと相談した結果、「定峰線」を選択。
「高篠峠」まで登った後は肌寒くなってきた坂道を下り、西平のセブンイレブンで補給休憩。

blog_pic3111.JPG

ばっちゃんは明覚駅より輪行で帰ることになったが、
高級感溢れる透明の輪行袋は先ほどの西平で緊急購入したものである。

お見送りしてから、我々も暗くなってきた帰り道を進んで行く。

blog_pic3112.JPG

戸守の交差点でワニガメさん&kaoさんと分かれて、tanyさんと2人で「落合橋」方面へ。
小江戸の市街地で1人になり、18時40分帰宅で終了。

本日は2つしか峠を登っていないが、寒くなる前に「有間峠」を走れたから満足なのだ。

-----
走行距離:147.8km
(X-LIGHT年間距離:4680.3km、累計距離:9943.1km)



この記事へのコメント
前日同じ道でお山デビューしました。きついけど気持ち良いですね。
自走で行けないのがちょっと悔しいのですが、
帰宅後の充実感がとってもイイ感じなので、
皆様のブログを参考にいろいろなルートを楽しみたいと考えてます。
同じ場所から同じリコーのカメラで撮った写真を見て、
「同じ同じ♪」とニタニタしてます(笑)
Posted by とりみ at 2007年10月08日 06:21
この距離、この高低差、脱帽です。
そして、心拍数そこまで上げられるとは・・・
160超で苦しくなってしまいます。
Posted by おじ at 2007年10月08日 07:18
>とりみさん
前日もいい天気だったと思いますが、お山デビューが有間峠というのはスゴイですよ。
平地を走る充実感とは別のものを感じられたと思います。
同じリコーでもとりみさんが撮ったお写真とは比べ物にはなりませんから(^^;

>おじさん
山に対する抵抗感が薄れていますので、慣れが大きいと思います。
頑張る時の心拍は180近くで登っているので、いつもは苦しんでます(^^;
Posted by きーじぇい at 2007年10月08日 09:51
ども。

有間、通れるようになったんですね。こちらは、団体で、小川町近辺を走ってました。(お山は、弓立山と横松郷のみでした)

私も8月に秩父の安田屋さん行きましたが、1枚で充分ですよね(笑)。
Posted by NARU at 2007年10月08日 10:27
お久し振りでした!って走力に差が有りすぎてお世話をお掛けするばかり...でも楽しく過せました。もうちっと走力をつけないといけませんね。ありがとうございました。
Posted by ばっちゃん at 2007年10月08日 11:32
>NARUさん
昨日はサイクリングに良い気候でしたね。
有馬峠については、今後も長雨があれば小さな崩落はあると思いますが、
秋の空気は澄んでいるので気持ち良いルートになりますね。

>ばっちゃん
昨日はお疲れ様でした。
膝痛があるのにこちらのペースで進んで申し訳なかったです。
でも、ばっちゃんが居ると場が和んで楽しいのでまた宜しくお願いします。
Posted by きーじぇい at 2007年10月08日 12:05
昨日はお疲れ様でした。
相変わらず速いですね〜。
ヘロヘロでついて行けませんでしたよ(^^;
Posted by tany at 2007年10月08日 17:40
>有馬日和
そんなものは無い!
Posted by BENNY at 2007年10月08日 18:28
どうもー。
お疲れ様でした。

相変わらずのペダリング・・・参考になりま・・・せん。(真似できずorz)
帰りは見事に策略にはまりました。w
Posted by kao at 2007年10月08日 19:22
林道広河原逆川線の一番高いところは、「有間峠」と言うんですね。初めて知りました(^^;
 ”有間峠”は、広河原逆川線が開通した頃に初めて通り、以来、私のお気に入りスポットです。奥武蔵で標高1000mを超えるこの峠は、関東平野の見晴らしがよくぼーっと景色を眺められますね。いまは全線舗装されているでしょうから、林道派にはものたりないかもしれませんが、奥武蔵の絶景の一つですね。
 ただ、未だかつて私は自転車で”有間峠”に行ったことはないです(^^;
Posted by nakajin at 2007年10月08日 21:24
>tanyさん
振り返れば必ずtanyさんが居る・・・
そんな感じで恐れながら登っていました(^^;

>BENNYさん
あそこまで登ればそう思いますよ〜
だから一緒に登りましょうよ〜遠慮しないで下さいね。

>kaoさん
こちらのほうこそ、勾配を無視してアウター縛りを試みるなんて真似できませんよ〜
こわいこわい(^^;

>nakajinさん
関東近郊にありながら山岳風景を感じる林道なので貴重ですよね。
それにしても開通当時に走られたとは素晴らしいです。
ダイナミックなルートだったんでしょうね。
Posted by きーじぇい at 2007年10月08日 22:05
お疲れさまでした!
好天の楽しい1日でした。
でも、昼飯は心残りでしたねぇ。
今度リベンジしましょう!
Posted by ワニガメ at 2007年10月09日 06:30
お疲れ様でした。
曇りだとあそこを越える気持ち良さは半減しますからね。
昼飯のリベンジは必ず。
あとから調べてみたら今月はあの日だけが休業日だったようです(^^;
Posted by きーじぇい at 2007年10月09日 08:46

コメントを書く
お名前:
※必須入力
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

有間を越えて
Excerpt: 有間峠(眼下に名栗湖が見える) 今回のメンバー 何気に走力的に畏れ多いが... 赤いワニガメさん・kaoさん・きーじぇいさん・tanyさん くれぐれもユルいやつでお願いします、いや~本人達にすれ..
Weblog: 東京多摩川自転車2号
Tracked: 2007-10-08 11:26